秋の味覚

  • 2020.09.18 Friday
  • 20:54

JUGEMテーマ:果物

JUGEMテーマ:旬の味覚

JUGEMテーマ:野菜

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:季節の出来事

 

  ちょっとずつ 秋の気配が 舌にのり

 

 とっとり市から予約していた梨〜「夏そよか」と「秋甘泉」の詰め合わせが届きました

もう少し早く届くかと待っていたのですが

今年は長梅雨だったので、実に甘みが乗る時期が遅れていて

出荷が遅くなっている様です

今年はとっとり市から取り寄せる梨に凝っていて

これが5品種目と6品種目です

私が知らない新しい品種が色々増えていますね(^^)/

 

 「秋甘泉」(あきかんせん)は、「おさ二十世紀」と「豊水」を交雑した鳥取県のオリジナル品種で

2009年に品種登録された赤梨です。

収穫期は9月上旬です

秋甘泉は糖度が高くてほどよい酸味を含み、果肉がやわらかいのが特徴で

外形は、サイズが大きく、黄赤褐の果皮に大きな果点が見られることです

先月届いた新甘泉と共に次世代のエースと期待される品種です

 

 「夏そよか」も「おさ二十世紀」(母)と「秀玉」(父)を交雑した鳥取県のオリジナル品種で

2008年2月品種登録された青梨です

収穫期は8月中旬から下旬です

大きさは350g程度で、糖度は12度位で肉質は粗目で、独特な香りがある梨です
夏そよかは、鳥取県の中でも超希少な梨で

送って下さったスクスク農場の以外ではほとんど栽培されていない希少な梨みたいです

 

 そして写真下は、近所のデパ地下で買った「白土馬鈴薯」です

普通のじゃが芋の2-3倍のお値段だったので、ちょっと迷いましたが

珍しい物好きなので買うっきゃないか!と(笑)

売り場の人にどんな食べ方が良いのか?尋ねたら

普通に肉じゃがとかポテサラとかカレーとか…と言う返事

ウ〜〜ン、特に小諸特有の食べ方ってないんですかね…

 

 「白土馬鈴薯」は、
信州・小諸の千曲川と鹿曲川にはさまれた御牧原台地の白土で生産される馬鈴薯(男爵)の呼称です

標高750m〜800mの準高地にある御牧原台地は白い強粘土質の土壌で

年間降水量980mmと降雨量が少ない環境のため

馬鈴薯の肌が滑らかで白くしまります

収穫量が少なく、ホクホクとした食感が高い評価を得ていて

白土馬鈴薯と言う名を付けてブランド化されています

殆どが関西方面に出荷されて高値で取引され、高級料亭などで使用されるため

地元・小諸の人も滅多に食べれないい隠れた名産品となっているそうです

 

 結局肉じゃがにして頂きましたが、いまいちその良さ・独特な風味が感じらず

煮方が不味かったみたいで…(-_-;)

来年リベンジしましょう!

 

 

三峯神社〜奥宮登拝

  • 2020.09.18 Friday
  • 17:20

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

JUGEMテーマ:一人旅

 

 

  深呼吸 もや立ち込める 宮の森

     コロナ禍の中 なんて贅沢!

 

 

 9月17日 新型コロナ流行し始めて以降初めてのバス旅行

〜三峯神社奥宮トレッキング〜に参加しました

観光バスに乗るのは約8か月ぶり、ちゃんと感染対策されているはずとは言え

矢張り緊張しながらの参加でした

私、登山は大の苦手な癖して、奥宮と聞くと惹かれ、どうしても行きたくなるのです

 

 三峯神社の由緒は古く1900年ほど前、景行天皇が国を平和になさろうと、皇子日本武尊を東国に遣わされた折
国産みの神さま〜伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉册尊(いざなみのみこと)〜を

ここにおまつりしたのが始まりです

 三峯の名は、雲取山・白岩山・妙法ヶ岳の三つの峯が連なっている事に由来し

奥宮 は妙法ケ岳山上 に鎮座していて

毎年5月3日の山開き〜10月9日の山閉までの期間だけ登拝出来ます

 

 新宿集合・7時出発、順調に進んで10時過ぎに到着

三つ鳥居(写真左上)の前で集合写真を撮りました

今どき集合写真撮影って珍しいですよね〜ぇ(笑)

(三つ鳥居って、茅の輪の様にくぐるって、このブログを書きながら初めて知りました、次回はきっと!)

 

 その後登山口からイザ!登拝開始

まずは先頭の方を歩き始めたものの(遅い人こそ前を歩け!の方針で)矢張り無理

ツアー参加者最高齢(._.)の私、結局「お先にどうぞ!」と先送りして、一番どん尻まで下がりました

兎に角ノロいので、後ろに人がいると気になって仕方なくて

わがままを言わせてもらえるなら、マイペースで上りたい…

けど、今回のツアーは添乗員さんが二人付いていたので

結局、一番最後を固めていた添乗員さんに励まされながら!登頂を目指しました(-_-;)

三つ鳥居を潜って、最後は階段や鎖場を上り

ほぼ予定時間の1時間半(かなり余裕をもって予定を立てていると知り)で登頂できて感激!

奥宮様(写真右下)に無事にお参り出来ました

添乗員さんにはご迷惑を掛けましたm(__)m

頂上で食べた一口羊羹の美味しかった事!忘れられない味になりそうです(^^)/

 

 下山は得意な私(*^^)v

最後に着いたから、最後の方から自信をもって下り始めました

登山の途中では味わえなかった山の雰囲気を味わいながら歩を進めていた所

靄が立ち込める広い山中に自分一人でいる事に気づき、なんども!なんども!深呼吸

三峯の神さまの「気」に触れたような有難い気持ちになりました

コロナ禍の中、深呼吸が出来る場所があり、チャンスに恵まれた事に深く感謝!

 

 今回のツアーを申し込んだ8月には

「申し込みはお客様一人です」と言われて殆ど諦めていたのに、いざとなったらツアー定員満席でした

そして、往路にバスの中で添乗員さんが

たま〜ぁに三峯神社の神さまに

「あなたは今回ではなく、又の機会にいらっしゃい!」と

言われたかのような登山者に会う事があるとの話をしていました

私は、このツアーが催行され

落ち零れながらもなんとか頂上に辿り着くことが出来

山頂では、雲の隙間から陽が差し込み

下山途中に良い空気を一杯吸うことが出来て

本当に有難く!ご縁が有った事に心より感謝しています

 

 下山後本殿をお参りし、昼食に名物のシイタケ丼を頂いた所で

残りの時間が1時間ほどになってしまって(._.)

迷っている時間はないので、以前に来た時に行かなかった奥の方(裏参道の鳥居方向)に行き

お仮谷神社にお参りする事に(写真左下)

 

 お仮谷神社は、三峯神社の大口真神(お使い神、お犬さま)のお宮です
この神さまは、深い山中に身をひそめられている為に

ここを仮のお宮としてお祭りを行うので「お仮屋」と呼んでいるそうです
日本武尊が初めて三峯神社を祀られた時、道案内をつとめたのが山犬で

その忠実さと勇猛さによって三峯神社の御眷属に定められ
家々を守護しては火防・盗賊除・諸難除の神と崇められているそうです

 

 お仮谷神社のお参りを済ませたら、もう30分位しか余裕がなかったけど

元来た道を戻るのは気が進まないへそ曲がりの私、裏参道を進み駐車場まで戻る事にしました

ここでも一人だったので、再び深呼吸(^^)/

裏参道を選んだのは正解でした(*^^)v

 

 4連休直前の平日の日帰り旅行だったので、三峯神社の参拝客数もかなり少なかった様です

お土産屋さんも1軒しか開いていなくて閑散とした様子に、やはりまだコロナ禍!?の印象でしたが…

本来観光地ではなくて、神聖な神社なのですよね⁉

 

 明日以降は筋肉痛に悩まされそうですが

有難い「気」をたくさん頂けて、大満足な1日となりました 

 

歩数        23596歩

歩数(3METS以上) 9250歩

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

watch

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM