キルト・フェスティバル

  • 2019.01.25 Friday
  • 21:35

JUGEMテーマ:友達のこと

JUGEMテーマ:うれしかったこと

 

 父想う 心が動かす  針と糸

 

 友人からの年賀状で

毎年東京ドームで開催されるキルト・フェスティバルに出展した事を知り、観に行ってきました

 

 作品名は「父を想う」

コメントには「8年前に93歳で逝った父が退職後に独学で刻んだ獅子頭を作品にしたくて挑戦しました

度々、親友と旅する京都、嵯峨野の竹林を背景に父との想い出をかたちにしました」

 

 エネルギッシュで何事にもひたむきに挑戦する創造性が高い彼女らしい作品でした

1日8時間針を持ち、9か月で仕上げた作品だそうです

獅子頭の表現も勿論、竹も1本1本違う表情をキルトで点けてあります

作品の前に立ち、お父様への尊敬と愛情が彼女を突き動かしたのだと思い

素敵な親子関係だと感激して立ち尽くしました

 

 この作品の前で立ち止まる観客の数が多かったのが誇らしく

「私の友人の作品です!」と、言ってみたくもなりました(笑)

 

 ドームのキルト・フェスティバルに行ったのは何年ぶりでしょう?

思い出せない位前です

以前キルトは私の大好きな趣味でもあったのですが、最近では集中力・視力・根気 全て減退

糸も針も細いものを使うので、針穴に糸を通すのが困難になり

縫っているより長い時間が掛かり、目が悪くなったことにして遠ざかっています

 

 今回キルト・フェスティバルを観覧し、最近のキルトの方向!進化!を初めて知りました

以前に最後に観たキルト・フェスティバルでは、この方向に進むのだったらパス!と思って

その後遠ざかって不勉強していたので、目から鱗でした

 

 良い刺激を受けたいと思って行きましたが

もう私の感性と技量では今のキルトには追い付けない!手が届かない!と

引導を渡された気分が反って心地よく!

でも、途中で放り出した作品を中途半端な形のまま遺したくないので

終活の課題として仕上げようとは心に誓いました

 

 

 

 

 

 

コメント
この獅子頭部分は お父様の作った獅子頭をくっつけてあるのですか? お顔が妙に立体的ですね。 変わった作風のキルト、皆さまの足が止まるのも頷けます。 誇らしいわね。
  • キトラママ
  • 2019/02/05 8:29 PM
 ありがとうございます!
友人のお父様が作られた獅子頭を、布で再現したものです
友人は凄いバイタリティーの持ち主で、努力家です
何よりも想像力・デザイン力がが逞しい!と思います

 年上の友人に大いに刺激を受けるこの頃です
獅子頭もやはりキルトで再現なさったのですね。 そう思うのが普通ですが、獅子頭だけこちらに向かってくるような圧倒的な存在感がありますものね。実物見てみたい衝動に駆られます。
  • キトラママ
  • 2019/02/11 11:13 AM
まさにキトラママさんの仰る通りです。獅子頭の迫力を表現するのに、材料を選び、縫い方・つけ方を検討し、どれだけの努力をなさっったかと思います。それだけお父様を想う心が、友人を突き動かすものがあったのかな〜ぁ!と私には想像外の所にいるのかと…
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

watch

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM