<< 自慢の桜 | main | たけのこ >>
福島お花見の旅〜花見山・三春の滝桜・夏井の千本桜
0

    JUGEMテーマ:お花見&桜

    JUGEMテーマ:うれしかったこと

    JUGEMテーマ:季節の出来事

    JUGEMテーマ:一人旅

     

     完璧な 花見日和の 桃源郷

     

     クラツーのツアーに参加して、昨日13日に福島県へお花見に行きました

    東日本大震災があった2011年春の原発事故の影響で

    県内の各所でお花見を始め色々な伝統行事などが中止行われなくなったと聞き

    再開したら是非…と復興を祈っていました

    その後なかなか行く機会がなかったのですが、今年ようやくヽ(^o^)丿

    花見山・三春の滝桜・夏井川の千本桜 3か所でお花見の予定です

     

     新幹線で郡山まで行き、現地観光バスに乗り換え、まずは福島市の花見山まで北上

    募集のうたい文句で3時間たっぷり!と載っていた約束通りに、3時間の滞在

    気持ち良く広がった青空の下

    桜はもちろん・菜の花・木瓜・木蓮・花桃・連翹…など書き切れない花の競演・共演!

    写真家の故秋山正太郎氏が毎年訪れて「福島に桃源郷あり」と言わせた場所であるのが

    よくよく分かります

     

     花見山での桜の開花宣言は2週間前

    1週間前には満開宣言出ていて、この日はもう盛りを過ぎているはず…だったのですが

    天候不順で雪が降った結果、この日まで満開のままが保たれヽ(^o^)丿

    でも降った春の雪が重かったせいで

    花が咲いていながら折れてしまっていた枝を多く見かけたのは、哀しかったけど…

     

     遠くに見えた会津小富士に春には出る雪うさぎも、降雪のせいで消えてしまっていました

    でも、雪を被った山々と桜などの花々とのコントラストは美しく、夢の様な景色でした

     

     花の写真も一杯撮りましたが、たくさんすぎて個々には載せきれず

    全体の雰囲気がほんのちょっとだけでも伝えられたら…と思います

     

     

     花見山の桃源郷でお花見を堪能した後、小野町の夏井川の千本桜と、三春町の滝桜を観に再び郡山方向へと移動

    見花山より南に位置していますが、標高が高いそうで気温が低く、花見山とは大違いの状態でした

     

     夏井川の千本桜は1輪も開花していないどころか、蕾もまだまだ硬いまま

    川の上に吊るしてあるこいのぼりが勢い良く泳げるほどの強風が吹いていました(写真左)

    寒い!

    青空の下、こんなにたくさんのこいのぼりが気持ち良さげに泳いでいるのを見たのは初めてなので

    それなりに感激したのですが、1000本の桜が咲いている中だったら、どんなに壮観だったか!と思うと残念です

     

     そして日本三大桜の一つ 三春の滝桜へ

    三春に近づくと、あちらこちらで枝垂れ桜の姿が見られるようになりました

    滝桜の子孫なのでしょうか?

    しかし、花はちらほら程度…

    先週末に開花宣言が出た時の満開予報はまさに今週末!ラッキーと思っていたのですが、見事に裏切られました

    入場ゲート付近の案内板では4.5分咲きでした

    綻んだ蕾で木全体がピンク色にほんのり染められていて、ごく1部の枝先だけ開花していました

    私には3分咲き程度にしか思えなかったのですが…

    しかし樹齢千年の滝桜は、大して花が咲いていなくても、立っているだけで神々しく感じました

    広い敷地に枝を伸ばして垂らしているさまは威厳があり、清々としていて、心が開放される感じですね

    (後日談 滝桜は、17日(水)に満開になったそうです)

     

     開花の程度は天候次第なので、調整不能だから仕方ないな〜ぁ…と思います

    でも、当日に雲一つない青空に恵まれたのは、超LUCKY!

    しかし、3か所の桜が同時に見頃を迎える日ってあるのかしら?と、ちょっと疑問

     

     13日の歩数〜約20,000万歩

    3METs以上〜約13,000歩

    殆ど花見山(?)良く歩きました!

     

     

     地元の名物を食べたり、お土産に買ったりするのも、旅の大きな楽しみですねヽ(^o^)丿

    左上は、花見山で食べた「鮎の塩焼き」とその隣の写真が「薬師餅」

    薬師餅の右隣と下の写真が三春で食べた「三色ソフト」と「グルメンチ」

    グルメンチは、出荷量全国2位を誇る三春町の特産ピーマンを使ったご当地グルメのメンチカツです

    写真を撮り忘れて先に食べてしまった(._.)ので、包んであった紙袋ですみません

    郡山の駅で夕食に食べたのは、会津そば!県北の川俣の軍鶏のつけ汁で頂きました

     

     そしてお土産

    味噌を紫蘇の葉で包んで焼いた「焼き紫蘇巻き」

    摘果した若桃の実のコンポート「早摘み桃」

    朝どれ野菜の「つぼみ菜」

    「かぶれ菜」も買ったのだけれど、写真を撮る前に茹でてしまって…

    どちらも新鮮でこんなにたくさん入っていて、1袋100円は安い!

    「塩漬けワラビ」〜山菜大好き!

    「三春の三角油揚げ」と「ぴ〜まん味噌」〜焼いて味噌を付けて

    他にも阿武隈川で養殖された「岩魚の塩焼き」と「おこわのちまき」も買ったのですが

    写真を撮り忘れ、昼食に食べてしまいました

     

     全て美味しく頂きました!

     

     

    【2019.04.14 Sunday 17:18】 author : マッシュドポテト
    | 五.七.五 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    ほんとうにお花見の時期を決めるのは難しいです。
    私も 今年は なんとか信州制覇で、来年こそは三春の滝桜を狙おうと心ひそかに思っています。 
    福島は温泉も秘湯が揃ってるから 咲いたと聞いて出掛けるのもありかと・・・ でもそれでは 予約が取れるかどうか難しいし・・・ 悩むところです。
    | きとらまま | 2019/04/26 11:01 AM |
    ありがとうございます!信州のお花見制覇、素晴らしく羨ましいです(^^)/結局高遠の桜も満開の時に行かれたのですものね!
    私は、良く歩き!よく食べた!お花見でした〜ぁ(^_-)-☆
    桜の満開時期も、こんなに天候不順では、読めませんね!しかも何か所も1日で回るというのは欲張り過ぎなのだと…。ツアー会社にとっては、どこかで満開にあたるだろうから…みたいな企画なのかな?と。
    温泉は全く知識がない中で、福島に一つ行ってみたい温泉があります。尾瀬の福島側の入り口にある、桧枝岐温泉です。三春とは随分遠いのかしら?
    桜に浮かれている自分が、日本人だな〜ぁ!と感じる春でした(^^)/
    | msshed potatoes | 2019/04/26 10:18 PM |
    桧枝岐温泉・・・初めて聞きました。
    あまり歩かない私は まだ尾瀬に行ったことがないのです。 でも魅力的な名前の温泉ですね〜
    | きとらまま | 2019/05/01 11:18 PM |
    一昨年尾瀬に行きたいと思って調べて居て巡り合った温泉です。福島側から尾瀬に入ると、高低差があまりないみたいです。日本秘湯を守る会言うのがあるのだそうで〜温泉好きな妹夫婦は秘湯巡りをしているそうで〜檜枝岐温泉郷も秘湯の一つらしいです。秘湯と言うだけあって、交通が不便でとても個人では行き着かないと諦め、王道の鳩待峠から尾瀬に行きました。いずれ行ってみたいところの一つです
    | msshed potatoes | 2019/05/02 9:14 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック