<< ルノワールとパリに恋した12人の画家たち | main | 旧中山道 馬籠宿から妻籠宿と、香嵐渓・小原の四季桜 ハイキング 最終日 >>
旧中山道 馬籠宿から妻籠宿と、香嵐渓・小原の四季桜 ハイキング 初日
0

    JUGEMテーマ:一人旅

    JUGEMテーマ:ハイキング

    JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

    JUGEMテーマ:紅葉

    JUGEMテーマ:うれしかったこと

     

     

     運が良く 木曽路を歩き 想い馳せ 

     

     19日・20日の1泊2日のクラツーのツアーに参加して、木曽路・香嵐渓・小原を旅して来ました

    この秋は是非とも香嵐渓で紅葉を楽しみたいと思い、ツアーを探し始めたのは7月頃

    香嵐渓+α の1泊2日の旅のプランが沢山あるうち

    αの部分が木曽路とセットになっているこのツアーが

    私にとっては最高のプランと即決し

    この企画の初日の19日出発のツアーに決めました

    ちなみに、このプランの他のツアーも、すべて満席です

    しかもこの参加したツアーでは、42人中22名が一人旅と言う異例な状態(@_@)

    木曽路(馬籠〜妻籠)に魅力を感じたのは(私の記憶が正しければ…ですが)

    中学3年の時に教科書に載っていた藤村の「破戒」がきっかけで

    藤村の小説をいくつか読み,いずれ木曽路を歩きたいと思い続けていたからです

     

     まずは中央本線で茅野まで、バスに乗り換え馬籠宿まで2時間で馬籠宿に着きました

    馬籠宿は、かつて長野県木曽郡山口村に属していましたが、2005年に岐阜県中津川市に編入され、現在に至ります

    明治と大正の2度の火災で古い町並みは消失しましたが、その後復元され、現在の姿になりました

    石畳が敷かれた坂の両側にお土産物屋さんや宿が並び

    一般の家でも古い屋号の表札を掲げて居たりして、宿場の雰囲気を出しています

    馬籠宿の中間地点には、旧本陣だった島崎藤村の生家跡が、今は藤村記念館となっています

     

     今回のツアーは、馬籠→妻籠 つまり中山道を京都→江戸への方向へと歩きました

    理由は、馬籠宿(620m)→馬籠峠(790m) 2kmで標高差170m

    馬籠峠 →妻籠宿(430m) 6kmで標高差360m

    だらだら坂よりも、急坂を上った方が楽だから…だそうです

    結構急な登りで、上りが苦手な私、這う這うの体でした

    歩くのが嫌な人は、1日数本路線バスが隣の車道を走っていて

    乗って移動も可能でしたが、頑張って上りましたよ〜ぉ!

     

     馬籠宿を過ぎ人家が無くなると、藤村の「夜明け前」の書き出しにある通り

    「木曾路はすべて山の中である」と言う風景に変わって来ました

    丁度紅葉の時期、歩き始めたのがお昼過ぎだったので

    木々に直接陽の光や木漏れ日が当たって葉っぱが輝き、それはそれは見事な光景の山の中の木曽路でした

    1時間で馬籠峠、更に2時間歩いて妻籠宿に着きました

     

     写真は妻籠宿です

    馬籠宿に比べて妻籠宿の方が、街並みが古い印象

    平坦な道沿いに商店が並んでいるので、覗き歩きながら買い物がしやすい感じでした

    おやき(クルミ餡)と五平餅を食べ、老舗の澤田屋で栗きんとんと柿と栗 の名物お菓子をお土産に購入

    短い滞在時間でしたが、妻籠に相応しい過ごし方が出来たのではないかと…

    そして宿泊地の愛知県豊田市へ向けて出発しました

     

      19日の総歩数 23100歩

     3METs以上 21465歩

    【2019.11.21 Thursday 14:58】 author : マッシュドポテト
    | 五.七.五 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    この記事に関するコメント
    達成感!街道を実感!
    次は香嵐渓ね
    童話で出てくる 村はずれ がよくわかるエリアよね。
    | みちよ | 2019/12/03 9:22 AM |
    ありがとう!
    天候に恵まれたお陰もあるけれど、憧れの木曽路を堪能出来た感じで、達成感あり!でした(^^)/
    木曽路に行ったのは初めてだけれど、何故か懐かしく感じるエリア、古き良き時代を感じられるからかしら?
    | msshed potatoes | 2019/12/03 10:32 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック