もしかしてキクラゲ?

  • 2020.03.01 Sunday
  • 16:09

JUGEMテーマ:きのこ

 

 

 

 きくらげの 原木なりし 枯れ切り株

 

 今朝は、江の浦の農家の蜜柑直売日だったので

朝9時過ぎから行列に並びました〜マスクを掛けて…

青空が広がりそこそこ暖かく、コロナ騒動がなければのどかな朝です

ここではコロナは関係なさそうな気がして来ますが…

 

 空き地の崖沿いに行列を作るのですが

私の後ろに並んだ方がフト脇にあった切り株の下に積もった落ち葉の中から拾い上げた物があり

何をしているんだろう?と不思議に思いながら見ていたら

「多分これはキクラゲ…」と、周りのゴミを取りながら説明して下さいました

ボケ〜っと立っているので、全くキクラゲには気付かず、

キクラゲがこんなところに生えているなんて、ただただビックリしました

よくよく見れば、この切り株の周囲には自然乾燥したキクラゲが一杯付います

(拾い上げたキクラゲは写真上方、下方の白っぽい物が乾燥したキクラゲ)

 

 キクラゲが生えているところを見たのは初めてです

調べたら、春から秋まで降雨の度に生えるそうで

切り株に栄養が残っている限り、3〜5年位は毎年収穫できるそうです
しかしきのこって、直射日光が当たらない日陰に生えるはずなのに、ここは日当たりが良くて!

だから生えて来ても直ぐに自然乾燥するのかも?

 

 キクラゲは、ニワトコやケヤキの木に生える事が多いそうです

元は何の木のだったのか分かりませんが

切り株になってもまだキノコを育てられるだけの栄養が残っているんですね!

 

コメント
天然のキクラゲ!
生えているとこなんて写真でも初めて。
何処から胞子が来たんでしょうね、
好みの日陰でなくても文句を言わずしっかりと育って えらいなー。
よくぞ見つけてくださいました!

  • みちよ
  • 2020/03/02 9:13 PM
ありがとう!
本当に、どこから胞子が飛んで来たのやら?不思議です(?_?)
殆どキクラゲ!とは思うものの、私はさすがに食べる勇気はなし、でもみつけた方は、もしかしたら試しているかも?です
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

watch

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM